結婚指輪の由来や身につける意味

結婚

結婚について

結婚指輪の由来や身につける意味

結婚指輪というのは身につけるのは当然だと思われていますが、由来や意味を知っている人はなかなかいません。
知っていることによってより指輪を大切にすることができます。
由来ですが、古代ローマ時代から始まった習慣だと考えられていて、約束事を制約する印として指輪を使用したと考えられています。
日本では大体50年くらい前から始まったものなので、歴史としてはまだ浅いです。
そして、左手の薬指にはめる意味もあり、これはギリシャ神話が由来していて、心臓は人間の感情を司る場所とされていて、左手の薬指は心臓につながる血管があると信じられてきました。
これが結婚の誓いをより強いものにするという意味で左手の薬指につけられるようになりました。
そして、指輪自体の意味は、永遠に途切れることのない愛情を象徴するものとされていて、常に身につけていることによって相手の存在を強く感じることができるという意味合いも兼ねています。
夫婦としての絆と愛が永遠に続くようにという意味が込められているのが結婚指輪というものです。